2012年10月09日

IPアドレスを証拠に逮捕!でもリモートアクセス可能なウイルスで掲示板に書き込みされた!?

最近掲示板に不当な書き込みをした人を警察が逮捕したというニュースがありましたが、それが誤認逮捕だったとか・・・
これはちょっと怖いです。全然関係ない人も逮捕される可能性があるということですから

○IPアドレスは証拠になるのか?
ある程度はなるでしょうけど、それだけでアクセスした人を特定するのは難しいでしょうね。
特に今後は簡単に逮捕されるようなことはないと思いますが・・・
家庭でルーター使っている人などは、設定に注意しないと、勝手に他人に使われて悪さされる可能性があるということは昔から言われていますからね。

○リモートアクセスウイルス?
でも今回はウイルスが原因らしい。それもリモートアクセスが可能な高度な?ウイルスで、PCを操作されて掲示板に書き込みしたらしい?
これが本当なら・・・リモートアクセス可能なウイルス自体は昔からあったけど、こんな無意味な愉快犯にも使われるようなツールになったということの方が怖いかも?

ちょっと検索すれば沢山出てくるけど、下は2003年の警告ですね。
ベンダー各社、外部からのリモート操作が可能なウイルスを警告
http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0225/lovgate.htm

今までは、リモートアクセス可能なウイルスを作るのは高度な知識が必要でした。
ですので、そんなウイルスを作る人はそれなりの動機を持っていたと思われます。
まぁ単に技術力をアピールしたい暇人ってことも多かったと思いますが・・

個人情報を盗んで儲けようとか、政治的な理由などで攻撃したいけど身元は特定されたくないとか
そんな理由ではなく、匿名掲示板に書き込むことに使われるとは・・・

もちろんリモート操作のテストという可能性もありますが
特定企業のPCに入り込んで、いろいろ操作する為の前準備という可能性もあるので、今後注意が必要ですね。
posted by zjapan at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。