2012年07月25日

Androidアプリを騙って情報を盗む手口が増えている

Androidアプリを騙って情報を盗む手口が増えているので注意しましょう。

バッテリー節約と称して連絡先を盗むAndroidアプリ、シマンテックが注意喚起
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120724_548826.html

確認されたスパムメールは、Androidユーザーにリンクをクリックするよう誘って、悪質なアプリをインストールさせようとするもの。アプリは「電池長持ち」という名称で、バッテリーの使用量が半分になるなどと謳っているが、実際にはデバイスに保存されている連絡先データ(名前、電話番号、メールアドレスなど)を抜き出して外部のウェブサイトに送信するもので、バッテリー消費量を節約する機能などは持たない。

スマプ業者が”仕事”としてやっているようですね。
もちろん今回は「電池長持ち」でしたが、さらに巧妙な手口が続くことは確実です。
職業としてスパムをやっているので、その改良?スピードは尋常ではなく、ちょっと優秀なマーケッターをしのぐ?手口を考えてくることでしょう。

Androidを使う人は気をつけましょう。


posted by zjapan at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。